先日直したNFX-ULであるが、気がつけば骨折していた(笑)。
いつの間に?という感じだが、前回修理時にはすでにヒビくらいは入っていたのかもしれない。

20161119_155016
20161119_155453


と言うことで早速修理。しかし、Skyshark2PTはテーパー加工であるため先へ行くほど細くなっている。そのためこれに合うインナーフェルールがない。
パテで固めようかとも考えながらも何か無いかと探していると、竹製の割り箸を発見!
サイズはちょっと太めだが、丸棒であり加工も簡単、重さも軽い。
ちなみにロッドの反対側であればピッタリな感じのサイズ。

昔、同様な修理をしたとき通常の割り箸(四角くて軽いヤツ)を使った記憶があるが、そのときは全然強度不足であった。竹であればそのあたりはクリアできているかもしれない。考えてみれば和凧も竹ひご使って作るよね!

早速鉛筆を削るかのようにナイフで細くしてインナーフェルールに変身!
熱したグルースティックを周りに塗りつけて合体。
これは良い感じだ。

20161119_162043
20161119_162516


どの程度の強度があるかは未知数だが、まあノーズから勢いよく落ちない限り大丈夫じゃ無いかな?
竹製だから軽くしなって、むしろ折れにくい気さえする。飛行時は少し曲がるかもしれないけど。

やっぱりこのNFX-ULは風の弱いときだけにしないといけないな。
風があがってきても面倒だからついそのまま続けちゃうんだよね。