オススメ記事

当ブログへお越し下さりありがとうございます。
管理人がおススメする記事をまとめてみましたのでぜひ読んでみてください!

カイトのラインは高い!

スポーツカイトのラインは高価である。 クワッドを始めてからはことさらラインが多く必要となった。 改めて所有のラインを考えてみると、 ■ デュアル(左右で2本だから2倍の長さ) 6m, 13m, 22m, 25m, 30m, 36[…]

引っ掛けやすいYo-Yoストッパー

ヨーヨーを巻くための必須アイテムヨーヨーストッパー。 縦に巻いたラインがずり落ちて行かないように止める役目を持つ。 R-SKY製の物はリーディングエッジに対して斜めになっており、カイトを正面から見たときに垂直に立つような感じになって[…]

ラインの取り付け方

スポーツカイトでブライドルへラインを接続するための結び方「ラークヘッドノット」。すごく一般的でブライドルの糸目調整部などにも良く見かける。ただ、付けるのは良いが外すのはちょっと難しいという難点がある。 これに対して釣りの竿先に[…]

REVOの先端は傷みやすい

Revolutionシリーズは素晴らしいカイトであるが、細かな作り込みという点においてはあと一歩頑張ってほしいと思う(JB-Modelしか持っていないので他のシリーズは不明)。 リーディングのエッジ部分の縫製やほつれに対する対策、ノック部[…]

カイト各部の名称について

スタンドオフはウィスカーとも言います(私はウィスカー派です)。 ※KiteWorld様から転載してます。 覚えておきたいカイトの状態 Pancake:ノーズを向こうに向けた腹ばい状態 Backflip:ノ[…]

カイトショップ「エスク」のMAD

※MAD-Cobraを紹介させて頂くためエスク中野さんより許可を頂いて原文のまま転載。 < Madのコンセプト > 日本に専門のスポーツカイトメーカーが存在しない中、Madはエスクが独自に開発した、トリック志向の強いスポーツカイトで[…]