今日の松本市は風無し。1日時間ができたので諏訪湖畔へ向かうか万葉へ向かうか考えていたが、明日もあるしあまりウロウロしてもなぁって事で新しい場所へ行ってみた。
ここは梓川にかかる橋のたもとで、橋の下にグランドが広がっている感じなわけだが、とにかく目立つ。信号が赤なら車は止まり、ふと橋の下に目をやるとカイトがあがってるって感じの場所だ。こちらとしては目立ってカイト人口を増やしたいところではあるけど。
場所はグラウンドで芝等も無いためちょっとよろしくない。だが贅沢は言ってられないのでRevo-STDで2wrapフレームの軽量モードに13mラインでフライト開始。風も川へ向かってそこそこ吹いている。
ギャラリー(信号待ちの車)が多いと、ついついかっこつけてしまう(笑)。水面ギリギリに飛ばしてみようとか、奇妙な動きさせてみようとか(普段から奇妙だけど(笑))余計なことを考えると、すぐに墜落してしまう。ここはフライト場所から水面まで高低差が2~3mくらいあるので、自分より下にカイトを持ってくるととたんに失速する感じ。で、2回ほど川の土手下って取りに行ったかな。かっこつける予定が余計にみっともないわ(笑)。
で、会社の同僚に見られていたようで、翌日突っ込まれた。ふむ、効果はあったようだ。
今日は写真がないので、John Barresi の凄まじいフライトを見てもらいたい。私のフライトでは無くこんな感じのフライトだったらみんな足を止めて見てくれるんだろうけどなぁ。ああ、いつかはこんな風に飛ばすぞ!

その他のオススメ記事