信州の大空でスポーツカイトを満喫してます。その魅力満載な?ブログです。

ラークヘッドノット(改)

スポーツカイトでブライドルへラインを接続するための結び方「ラークヘッドノット」。すごく一般的でブライドルの糸目調整部などにも良く見かける。ただ、付けるのは良いが外すのはちょっと難しいという難点がある。

20110115_1391147_t

これに対して釣りの竿先に付ける結び方がある。ネーミングはあるのか無いのか良くわからないが、チワワ結び(ラークヘッドノットの輪を作る結び)に対してさらに先を1つ結んでおく方式。

Sany17361

この釣りの竿先の様ににしておけば取り外しも簡単では無いだろうか?デュアルラインのカイトだと一度付けてしまえば外すのは最後にしまう時くらいなのでたいした問題でも無いかもしれないが、最近Revoをあげるときに上下のバランス調整で付け外しをする事が良くある。風速によってハンドルの角度を変えるのである。こんなとき輪の先を結んでおくだけで楽に外すことができる。そう、まさに先ほどの釣りの竿先のように。

しかしなぜかあまり見かけない。Revoの動画や画像を見ても見当たらないんですよ。コブの部分がずれてくるのか?もしくは外れやすいのか?でもこうしておけば、ラインの長さ調整の時も先のコブの部分をほどくだけで長さ調整ができるし、一石二鳥では無いだろうか?

ということで、しばらくこの方式で様子を見てみることにした。今のところは絶好調だ。

それにしても釣りとカイトは似ている部分がある。PEライン自体が同じなので、ラインの結び方や調整方法、また釣り竿ケースをカイトケースに転用してみたり。シングルラインの糸巻きは、釣りのリールみたいなものもあって、ぐるぐる巻き取っていくし。面白いなぁ。

PAGETOP
Copyright © KiteFreak All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.